台湾
台北
台中
台南
高雄
韓国
ソウル
釜山
中国
香港
上海
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
タイ
バンコク
パタヤ
チェンマイ
プーケット
カンボジア
プノンペン
シェムリアップ
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
インドネシア
バリ
フィリピン
マニラ
アメリカ
ハワイ
オーストラリア
シドニー

都市一覧 

ゲイ旅
ソウル

新型コロナウイルスの影響により、多くの国が入国制限および入国後の行動制限を実施しています。最新情報は外務省のウェブサイトでご確認ください。

ソウルのハッテン場事情

2018年8月25日更新
ゲイ旅編集部

ソウルのハッテン場事情

ソウルのハッテン場は日本と同じように大きく3つに分類できる。年齢や体型の制限がなく中高年が多いサウナ、店ごとにコンセプトがあるヤリ部屋、着衣でライトなハッテンがメインのDVDボックス。東京よりも軒数が少なく、自分に合ったハッテン場を比較的みつけやすい。

入店の流れ

ソウルのハッテン場の多くは入口に下駄箱があり、靴を入れてから入店する。受付で入場料と下駄箱の鍵を渡すと、ロッカーキー、タオル、店によっては館内着が渡される。その後はロッカーで着替え、シャワーを浴びてからハッテンスペースに入る流れだ。ヤリ部屋系の店ではトイレにアナル洗浄用ホースが付いていることが多いが、ホテルで準備していったほうが確実。

店内での過ごし方

ハッテンスペースはかなり暗く、顔や体を判別するのは難しい。どうやって相手を探すかというと、韓国人はスマホを持ち歩き、画面を光らせて確認している。日本では注意されかねないが、韓国ではごく一般的な行為だ。

誘い方は日本と近いが、他の人が見ている通路よりは死角や個室で待って誘うパターンが多い。日本と同じく、すれ違うときに相手の体に触れることで「あなたとやりたい」と伝えることができる。

なお、明記しているのは一部の店だけだが、ロッカーのキーバンドを右手に付けるとタチ、左手に付けるとウケというのがソウルのゲイの間では一般的な認識。全員が徹底しているわけではないが、目安として覚えておこう。

盛り上がる時間帯

ソウルのハッテン場のピーク時間は2回あると言われている。1回目は夕方、昼の割引料金が終了する前後。通常の半額近い料金で入場できるとあって、駆け込みで訪れる客で賑わう。時間帯は店によって異なるが17時または19時に設定されていることが多い。

2回目は23時過ぎ。ただし日曜はもう少し早い時間帯のほうが混むそう。いずれにしても、夕食後、ゆっくり寛いでから出かけるくらいがちょうどいい。

入場料金は10,000〜14,000ウォン程度。昼から夕方までは割引料金で7,000ウォン程度のところも。

入場制限について

日本と同じく、入場制限を設けているハッテン場があるのでご注意。特に厳密と言われているのは江南のSHELTERで、40代前半までの男らしい髪型、鍛えている人のみ入場可。