台湾
台北
台中
台南
高雄
韓国
ソウル
釜山
中国
香港
上海
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
タイ
バンコク
パタヤ
チェンマイ
プーケット
カンボジア
プノンペン
シェムリアップ
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
インドネシア
バリ
フィリピン
マニラ
アメリカ
ハワイ
オーストラリア
シドニー

都市一覧 

ゲイ旅
香港 (ホンコン)

新型コロナウイルスの影響により、多くの国が入国制限および入国後の行動制限を実施しています。最新情報は外務省のウェブサイトでご確認ください。

胡同 フートン

(86)
クチコミを投稿
お気に入り
  • Be Togetherさん
    2013年6月12日 03:16
    オシャレな内装と最新の設備でイケメン達の心をがっちり掴んだヤリ部屋。雰囲気としては台北のアニキに近い(あそこまで立派な風呂はないが)。難点はロッカーが小さいことくらいかな。
    参考になったらクリック
  • pikoさん
    2019年3月4日 07:31
    今日3/3、日曜夕方に行きました。人もメチャクチャ多いし、鍛えてる割合も高い、設備も噂通り香港一かも。下の全裸路は良いけど暗すぎて顔わかりません。鍛え始めたばかりの俺はモテないのでテレビの前でミニトマトばかり食ってました。余計モテへんわw
    参考になったらクリック
  • 久里浜直行さん
    2014年4月5日 12:56
    自らを『香港初の6ッ星ゲイサウナ』と称する「HuTong」ですが、施設はもちろん肝心の客層も、ここ香港では今間違いなく最上級だと思います!
    自分は今回香港での約10時間の乗継時間に街まで出て(笑)、水曜日の午後4時頃から8時頃まで約4時間程居ましたが、平日にも関わらず学生や仕事帰りのビジネスマン、ジム帰りなどひっきりなしに人が来て、帰る頃にはダークゾーンもびっしりでした。
    年会費HK$100の「胡同優惠卡 HÚTÒNG Privilege Card」会員は水曜日の入場料が半額…と云うことで来客数が週末に次いで多いとのこと。 平日に行くなら水曜日がお勧めです!

    まず場所ですが、MTR「旺角 Mong Kok」駅「A2」出口を出たら、その方向に真っ直ぐ進みます。 直ぐの1本目の道を横断し、2本目、3本目を横断した左側沿いのビル「家旺楼」の格子の入り口から入ります。
    「胡同」と書かれた呼び鈴を鳴らすと、直ぐオートロックを解錠してもらえます。
    香港特有の雑居ビルの階段を上がって入り口まで行き、再度呼び鈴を鳴らして入ると、中はいきなり別世界!
    外の喧騒とは無縁の、まさに我々にとっての天国ですね。(笑)

    皆さんロッカーが小さいと書かれていますが、この店のロッカーにはサイズが大小2種類あり、大きい方は小さいロッカーのサイズの縦に2倍あります。
    自分はカバンや手提げを持っていたので受付で見せたところ、大きいサイズのロッカーのキーをくれました。
    ロッカー数に限りはあるものの、どうしても手荷物がある人は受付で見せてみて下さい。

    水曜日は「ミニタオルデー」と云うことで、全裸にミニタオル所持のみ可…と云う日でした。
    タオル1枚渡されると、皆ひとまず前に持って館内をウロウロするため、全員ケツは丸出し。
    100%タチの自分としては、もう誰に手を出すか本当に迷いました!

    同じく皆書かれておりますが、そのままビデオモデルメインで絶対いけるいい感じの体系のイケメン、スリ筋、鍛えてます系、腹筋ボコボコ系ばかりで、雰囲気に合わない人(太め・ご高齢者)は皆無でした。
    客層としては、同じ九龍エリアの他店より間違いなくレベル高いです!
    ダークゾーンで何人に手を出し、何人とグチャついたか分かりません。
    気に入った奴と個室で二人きりになりたければ、そいつの手を握って目を見て個室を指差して相手がうなずいたら、そのまま連れ去ります。(笑)

    施設は新しく綺麗で、館内の明るさ暗さも適度。
    どうしてこんな感じの施設が日本にないんだろう…と思うほど、いつでもここに来れる香港人が羨ましくなりました!
    一応タチは腕、ウケ可は足首にロッカーキーを付けてロールが分かるように店としてはしているのですが、ダークゾーンではそれも分かり難いので、腕を触りまくって鍵をしているかしてないか確認したりしました。

    …と云うことでこれから香港に行く人、そもそもアジアのどこに遊びに行くか迷っているサウナマニアの方には、この店にも是非お立ち寄りいただきたいです。
    参考になったらクリック
  • 久里浜直行さん
    2014年6月9日 05:58
    また「胡同 HuTong」へ行ってきました。
    入場料はHK$159(約2,400円)になっていました。

    まず一つ下の「なお」さんが書き込まれている「質問」ですが、以前この店が少し離れた場所で「Double」だった頃は入受制限していて、断る時は「会員制だから」…と云って客を選っていたと云われてましたが、この店「HuTong」になってからは今のところ余程でなければ事実上制限なく入場させていると思われます。

    今まで行った時に受付で年齢を確認されたり外見や胸筋をチェックされたことはなく、また他の客に対してもそんな様子は見受けられません。 受付が混んでいる時は、そんなことしていられないのかも知れませんが…。

    しかも今回土曜日の夜でしたが、自分好みのスリム体型(細身で薄めに綺麗な筋肉がついた感じ)のイケメン君も居て、散々いちゃつかせていただきました。(笑) 是非行ってみて下さい!

    入場料が値上がってもこれだけの客が入っているところからして、相変わらず現在トップ独走態勢のHuTong。
    シャワーを浴び通路の壁のフックにバスタオルを吊っかけて奥のダークエリアまで進むと、もう大変な数の全裸の男、男、男!で大混雑(笑)。
    日本のハッテン場では店の中だと云うのに法律の厳格適用で全裸が禁止となり、変な?下着を着けさせたりする規則の店も出現していますが、ここはもう一切お構いなし!な所が最高です!
    日本のハッテン場の「全裸禁止&客足不足」にお悩みの貴方、是非この店へ!(爆)

    店内が暗いためハッテンゾーン(ダークエリア)の通路で立っていると、どうしても皆自分のタイプの相手を手触りで確かめる必要が生じ、そのため胸や腹や竿を皆平気で触りまくって握って行きます。

    今回もつい6時間近く居りましたが、もう本当に何人の奴をシゴいたりシゴかれたりしたか分かりません。 個室に連れ込んっだ奴らも、本当タイプの好青年でした。
    その内の一人曰く、香港は狭いので一つの店に頻繁に来てると顔ぶれが重複しちゃう…、でも分かっていてもこの店は一週間に一度は来ちゃう…とのことでした。

    …と云うことで皆様のご意見同様、お薦めです!
    参考になったらクリック
  • コウタさん
    2017年7月14日 20:36
    7月中旬の月火水と3日連続で行ってきました。

    月曜日のイベントは、若い子が安く入れるということで、
    若い子が多く、またそれを狙った人たちも多くなるのか、すごい人の数でした。常時100人は軽く超えていたんじゃないかな?時間は21:30~23:00。
    受付フロアのベッドとかで軽くしてる人たちもいましたが、基本的には1コ下の階のダークゾーンがメインの盛り場でした。
    他の人も書いてある通り満員電車を裸でうろつくようなもんで、通ったときにチンコを触るだなんてあいさつみたいなもんです。
    基本的には個室は埋まっており、良い相手が見つかっても個室でゆっくりとはできません。全体的にはタチの待ち子が多い印象。こっちがモーションかけるとすぐにオシリに手を伸ばしてきて挿入れたがりますが、こちらタチでそこは拒否です。そして、すぐに個室に行こうと誘われますが、これがまたなかなか空いてなくて断念。個人的には暗闇複数乱交が好きなので、助かりましたが。

    暗闇の奥の方に、ベンチがあるのですが、そこで掘られてるネコがいるとみんな群がりやすい傾向にあります。ちゃんとゴムもローションも置いてあり、タチが順番待ちしている間に、ゴムが前から順番に回されてきたり、ちょっと笑える状況でしたが、安心しました。セーフで盛り上がってるみたいです。

    火曜日のイベントは、ドアレスと言って、個室にドアがありません。
    これは乱交しやすい!!と思い意気揚々と行きましたが、
    みんな個室でゆっくりしたいのか、人はかなり少なかったです。
    時間は18:00~21:00。人数は常時30人くらい?

    水曜日のイベントは、大きいタオルがないというイベントでした。バスタオルでかっつり腰から下はガードということができないので、ソファーに座ってても見えそうで見えない感じが楽しめる日です(?)
    他の曜日だと基本的には、大きいバスタオルと、肩にかけられるくらいのフェイスタオルを1枚ずつ配布されるのですが、水曜日は、フェイスタオルのみ。
    これだとシャワー浴びてから、体拭いたらタオルびちょびちょで、どうしよう、、、と思ってたら、この日だけ、フェイスタオルはシャワー室入口に山積みされているので、取り放題でした。なので、いつでも綺麗なタオルが使い放題なので、使い勝手も良かったです。

    何せ、ダークルームに入るには、裸にならないといけなくて、入る前にみんなタオルを入口のフックにかけておくのですが、ダークルームから出たあと自分のタオルなんてどれか分からなくなるんで、月曜日とか火曜日とかは結局、残ってあった違う人のタオルを使う感じで濡れてあったりするとちょっと気持ち悪かったんです。けど、水曜日は自分のタオルがなくなってても、新しいタオルがシャワー室に置いてあるので、その面では安心しました。
    今日は昨日よりは多く常時80人くらいはいたような気がします。
    時間は19:00~22:00

    ダークルームはこの3日間で一通り形状を全制覇できるよう努めましたが、あまりに真っ暗過ぎて、戻って帰る自身がない空間があったので、そこはちょっと断念しました。真っ暗過ぎて頭と頭をめっちゃぶつけてしまったりもして、ちょっと恐怖心が。というくらい広いダークルームです。

    AVは日本ものが流されていて、飲みものはスポーツドリンクとお茶が飲み放題だけど、どっちもかなり甘いです。バナナとミニトマトは食べ放題です。
    受付で注文したら有料でラーメンも食べれます。全体的には体を鍛えてるような人が多いですが、太ってる人や痩せてる人、背の小さい人から大きい人、白人さんとかいろんな人がいました。

    どういう基準か分かりませんが、2日目も3日目も割引クーポンをもらえて、
    「次回が平日139HKD、週末祝日169HKD」というかなり得なクーポンでした。1日目2日目はパスポートのコピーを見せて10%引きにしてもらい205HKDで入りました。何ならクーポンは1日目にももらいたかったな。

    週末だったらもっともりあがってるんでしょうね。
    値段は高いですけど、オススメですよ
    参考になったらクリック
  • 忠さん
    2016年9月10日 08:51
    今日9月9日、行きました。ピークの時間は18時半位から続々と来てます。100人はいるんじゃないかと思う位で、20代、30代がメインです。俺は50歳ですが、大胸筋のおかげでいい思いが出来ました。ガッチリとかムッチリもいましたが、わずかです。問題は場所がわかりにくくて困りました。グーグルマップだと少しズレて1時間ウロウロしました。何人か俺と同じように探している人がいました。店の入り口の前の道は道路ですが屋台が占領しています。それと入り口のオートロックは入力式で、店の名前が無く他の人が入るついでに入りました。店の入り口で改めて、ブザーを押して入ります。入り口のナンバーをご存知の方、教えてください。 皆さんの書き込みを信じて行って本当に良かった。ありがとうございました。
    参考になったらクリック
  • Kさん
    2017年5月26日 21:58
    香港トランジットで平日一晩過ごしました。最近228香港ドルに値上げされました。ここのサイトの割引を使っても205ドルです。
    大変高いです。
    おかげで25才以下50ドル入場した若い子を除けば、ほとんどの人が35才から上の年齢だと思います。
    自分は40代のオヤジ。若い子に触れただけで激しく拒絶されます。誰のお陰でテメエら、安く入場できてんだ!って感じですがw。
    結局若い子には全く相手にされず、中高年でタイプな人もみつからず。
    休憩コーナーでスマホいじってました。
    出会い系アプリで声をかけてくれる人が何人かいました。
    んでいまこちらは胡同にいるんだけど来るって?って尋ねると、26才の子は優待年齢を過ぎてしまってるので、入場料高すぎて来たがりません。結局今直ぐやりたげな35才兄貴に来てもらい、中でやりました。

    設備やメンテはいいです。肝心なのは料金設定。228ドルは高すぎます。10回2000ドルの回数券も売ってましたが、それでも一回200ドルです。
    香港ではアプリでめちゃくちゃ声をかけられますが、その理由の一つは、外国人旅行者はホテルに泊まってて、場所があり、お金がかからないという期待もあるからだと思います。家賃が高く、家族との同居が多い香港ならではの事情ですね。その為ゲイサウナも多いのだと思います。
    参考になったらクリック
  • Kさん
    2020年1月12日 02:01
    昔のイメージとは違ってました。といっても、一年ほど前ですが、、、。まず土曜明け方のフライトで着いたので仮眠と思って行ったら、昼の12時までだと言われました。たしか24時間営業やったはず、、。あと画面見せると割引というやつもやめたそうです。バナナは、少し出てましたよ。でも、トマトや豆、ジュースなどはなく。人も少なかったです。たまたまなのかもしれないけど、ちょっと残念でした。
    参考になったらクリック
  • あつさん
    2019年10月5日 10:46
    金曜日の17時すぎから22時ごろまでいました。
    不発で足が疲れるだけした。。。
    常時30〜50人はいたように思います。かなり賑わってると思います。

    客層ですが、20〜30代前半が7・8割でした。
    それとなく胸筋があるってくらいに鍛えている人が大多数で、
    がっつり鍛えてる感じの人はほぼいなかったです。

    全体的に受け身ばっかりというか(相手にされなかった自分が言える立場にないですが)、
    立ってるだけ、うろうろしている人が多かったです。
    だいたいの客が同じような体型や雰囲気なので、
    様子を見合っちゃう感じ? 壁の花多数。。
    ただ、30代くらいのガタイができたイケメンがやりまくってましたので、
    ガタイがいい人は楽しめると思います。

    全裸ゾーンは暗いので、身体だけで判断する感じです。
    暗くてガタイもよくわからないし、さすがにそれだけではペアになりづらいし、
    かといって明るいところだとモーションがかけづらい感じがしました。
    明るいところで積極的にアプローチするのがいいのかも。

    余談ですが、昨今のデモの影響で最寄り駅が閉鎖されることが多いです。
    週末に行く人は注意してください。
    また、駅が閉鎖されるとタクシーも捕まりませんので、
    おとなしくソファエリアで夜を明かすか、徒歩圏内にホテルをとることをおすすめします。
    参考になったらクリック
  • さとさん
    2014年2月25日 08:51
    土曜日の夜9時に行きました。
    クチコミにあるように、しっきりなく人が入ってきた印象を受けました。(ピークの時に行ったように思います。)

    とても綺麗な施設ですし、ガタイも鍛えている人が多かったですね。デブは皆無でしたね。
    ただ、個人的には香港人は髪型が斬新なイメージを受けました。

    お金を払うと鍵をもらい、ロッカーに靴と荷物を入れ(確かに小さいので要注意)、腰巻タオルで中に入っていく感じです。

    ロッカー奥は、くつろぎルーム(無料ジュースあり)があり、下への階段で降りると、シャワーに、トイレがありました。(もちろんシャワー浣腸できません)

    シャワーには小さいタオルが自由に使っていいようにおいてありましたね。

    肝心なやり部屋ですが、
    全裸ルームと、腰巻タオルOKの大きく2つありました。

    全裸ルームは、入る手前にタオルをかけ、全裸で入って行きますが、本当に暗くて、誰が誰だか分からない印象を受けました。

    腰巻タオルルームは比較的、人が少ない傾向があったように思えます。

    ゴムも、ローションもありますし、気に入った相手とやる個室もかなり広めでオススメな施設であると思います。

    これがこれから考えている人の参考になれば(笑)
    参考になったらクリック