台湾
台北
台中
台南
高雄
韓国
ソウル
釜山
中国
香港
上海
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
タイ
バンコク
パタヤ
チェンマイ
プーケット
カンボジア
プノンペン
シェムリアップ
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
インドネシア
バリ
フィリピン
マニラ
アメリカ
ハワイ
オーストラリア
シドニー

都市一覧 

ゲイ旅
マニラ

新型コロナウイルスの影響により、多くの国が入国制限および入国後の行動制限を実施しています。最新情報は外務省のウェブサイトでご確認ください。

Fahrenheit ファーレンハイト

(7)
クチコミを投稿
お気に入り
  • ホーニーさん
    2017年4月12日 20:26
    先週行ってきたので感想を。1737033ジム通いのイカホモです。

    場所はマニラの中心から北東のケソン市にあります。近所にはGold's GymとAnytime Fitnessがあり、鍛えた人が多いかと期待が募りました。
    入口ではパスポートを出すように言われました。ないと入れないようなので持っててよかったです。初めてだと分かるとスタッフが道案内してくれました。実際、案内してもらわないと迷うくらい複雑です。ゲイクラブの奥のほうに秘密の扉があり(知らないと気付きません)、スタッフが開けてくれました。

    扉の向こうはいきなりロッカールームでした。最初にタオルをもらいますが、タチかネコかで色が違いました。自分はタチと言って青いタオルを渡されました。このサイトに書いてある通りでしたね。
    ロッカーからすでに沢山の客がいました。極端なデブはいなく、どちらかというと若い細めからポッチャリが多い感じでした。
    ロッカールームから上に行く階段と下に行く階段があり、シャワーは下だというのでまずは下へ。かなり薄暗く、だだっ広いスペースでした。コの字型のカウンターでアルコールを飲んでる客もいました。
    シャワーは何台かありましたが、どれも水。お湯が出るシャワーを探していたら客の一人が察したのかお湯シャワーまで連れてってくれました(笑)ぬるま湯にしかならなかったけど。

    そんなこんなで、いざ上の階へと進みました。土曜だからか客が多くて驚きました。鍛えているのが分かる人も何人かいて景色は悪くありませんでした。何人かに手を出されながらも小柄の若い子にロックオン。通路で向かいあったときにタオルの隙間からサオを出してシゴいて見せたら食いつくように見てきたので、手を引いて個室へ連れ込みました。じっくりしゃぶってもらってから挿入しました。彼がローションを持っていたのでアナルができましたが、自分で持っていったほうが確実です。
    ものすごく敏感な子で、お互い気持ちよくイッてから少し話すと21で経験もほとんどないとのこと。どおりでフェラもぎこちなかったわけだと納得がいきました。ラッキーでした(笑)
    一緒に下の階まで降りてシャワーを浴びました。連絡先を交換したがっていたけど、自分は旅行者でフィリピンには滅多に来ないと伝えて諦めてもらいました。

    とまあ惚気っぽくなってしまいましたが、マニラではここが一番日本のハッテン場っぽい感じでした。他にClub Bathという所にも行ったのでまた感想を書きます。
    参考になったらクリック
  • 国場さん
    2017年4月1日 17:44
    ここはマニラで一番若いイケメンが多いと思います。そこそこお洒落だし清潔なこともポイントが高いです。入場料以外に会員料が掛かりますが、観光なら一番安い一ヶ月の会員で充分。

    ここは入店時のボディチェックが非常に厳しいです。荷物は全部預け、貴重品も小さなボックスに入れるように言われます。クラブを抜けて奥のドアへ。ロッカーがあり、下の階がシャワー、上の階がダークルームです。

    個室にゴム、ローションはないので持参で。ちなみにティッシュもないので精液はタオルで拭いてください。
    参考になったらクリック
  • Gspoさん
    2018年5月31日 11:04
    金曜日の夜8時ごろ行きました。
    初めてで入り口らへんが嫌だったので、そこら辺をメインに書きます。

    まず、入り口入ると、
    受付、受付の両脇にドアがあり、カバンを預けるところがありました。

    First timeと伝えると、IDを出すよう言われ、紙を渡されました。そこに名前と住所を書いて、お金を渡しました。(覚えてませんが、500ペソ以下)そのあと2つ鍵のついたブレスレットを渡され、受付の隣にお姉さんがいるところで、カバンを預け、その隣のドアから入りました。
    まっすぐ行って、右にまたドアがあり、入ると、スタッフがいるので、鍵を渡し、携帯とライターをポストの様な所に入れました。(他の方も投稿ありましたが、ライターは持ち込み不可)それからサインして、隣にある階段をあがり、そのまま真っ直ぐ行くとスタッフが座っていたので、clubbath.と伝えるとまた荷物チェックをして開けてもらいました。
    タチ(Top) が青、リバ(vers)が白、ウケ(bottom)がピンクでした。

    Club bath は部屋代を先に支払いますが、ここは無料です。
    イケメン多かったですし、がっちり体型も高身長もおじさんもいて、オールジャンルです。

    あと、僕はピンクのタオルなのに、白のタオルから誘われて、タチをしました。
    2階の発展スペースでは色があまり分かりませんでした。
    参考になったらクリック
  • たくとさん
    2018年6月17日 00:43
    土曜日の20時ごろ行ってみました。

    受付からの流れは皆さんが詳しく書いているので省略しますが、自分が行ったときには受付に日本語を話せるオジさんがいて、ロッカーまで説明しながら案内してくれました。

    スタッフは皆さん親切で、まさに手取り足取り丁寧に対応してくれました。

    夕立のせいか客の出足は悪いようで、店内には10人ぐらいしかお客さんがいませんでした。しかも、平均年齢40歳ぐらいと高め。でも、雨がやんだのか21時を回ったぐらいから混み始めてきました。
    どちらかというとポチャ体系が多いように思いました。日本人は注目されますね。皆から好奇の眼差しを浴びました。
    20代前半の肌のキレイな子に、個室で話しませんかと誘われ、そのままガッツリ掘らせてもらいました。
    確かに、ティッシュがないのが不便ですね…。2人でタオル一枚を犠牲にし、もう一枚を共用でシャワーを浴びました。設置を強く要求します!
    参考になったらクリック
  • モンゴリアンライスさん
    2017年6月25日 04:03
    土曜日の20:00頃に行きました。

    まずは入り口でIDチェックと会員登録です。パスポートを忘れずに持って行ってください。
    優しいスタッフさんが初めてでまごついていると、いろいろと教えてくれます。

    今回、3ヶ月有効の登録料と入場料を合わせて370ペソでした。この時にパスポートを受付で預けます。そして番号札の付いた鍵付きブレスレットを受け取ります。

    あと、店内のロッカーが小型の為、受付の隣にあるクローク(?)で荷物を預けます。受付の先に貴重品ロッカーがあるので、貴重品は荷物から抜いておきましょう。そしてここで荷物の引換券をもらうのを忘れずに。

    この受付を越えると、スタッフ常駐の貴重品ロッカーがあります。ここで財布と携帯、腕時計などを預けます。ライターも持込禁止なので、ここに入れます。郵便受けみたいな小さなロッカーなので、やはり荷物はクロークで預けるべきです。

    ここを越えるとクラブゾーンです。このクラブゾーンの奥にハッテンスペースへ続く扉があります。

    扉の向こうはロッカールームです。ここで自分のポジション色のタオルを受け取り、受付でもらったブレスレットの番号札と同じ番号のロッカーを使います。
    小さな鍵がロッカーに付いた南京錠の鍵です。南京錠の横に鍵穴があります。

    ロッカーの中にはサンダルが入っているので、靴をサンダルに履き替えてから全裸にタオル巻きで着替え完了です。

    ロッカーから階段を登って上の階が鍵付き個室&迷路のハッテンゾーン。19:00オープンから間もないのに、20〜30人位のお客様がうろついてました。
    ロッカーから階段を降りて下の階がバーカウンター&シャワー・トイレ・サウナゾーン。
    バーカウンターで飲むとロッカー番号を聞かれ、帰りに受付で精算します。喫煙もこのバーカウンターでだけOKです。備え付けのライターを貸してくれます。
    バーカウンターの奥、シャワーブースの奥にサウナがありますが稼働してませんでした。

    帰りはタオルとサンダルをロッカー受付に返却し、ロッカーの鍵はかけず、南京錠とブレスレットに付いた鍵を持って受付まで戻ります。
    受付で精算を済ませ、会員証とパスポートを受け取ります。

    まとめると、入り口から店内までセキュリティのしっかりしたお店と言う印象です。値段もそんなに高過ぎないので、安全に楽しむならば、マニラから少し距離はありますがオススメです。中にいるお客様も、年齢・体格・タイプが幅広かったです。
    参考になったらクリック
  • Altさん
    2020年2月1日 13:46
    他の方が書いている通りでした。自分が困ったのはピンクのタオル(ウケ用)をしていたのに、ダークスペースではブルー(タチ用)と色が区別つかなかったことです。俺はタチ顔らしく勘違いしたウケから何度も誘われました。それも個室に入ってしばらくやってから気付くパターン。全員ホワイトのタオル(リバ用)だったから俺のせいじゃないよね。とりあえずホワイトのタオルを選んだほうが無難です。

    土曜で人は多かったです。
    参考になったらクリック
  • 西さん
    2020年1月27日 17:42
    受付でパスポートを預け、クロークでバッグを預け、セキュリティボックスで財布とスマホを預け、どんだけ厳しいのって感じ。

    タオルは色でタチは青、リバはホワイト、ネコはピンクと分かれています。でも9割方ホワイトでした。意味ないじゃん。

    シャワーは水のみ。それも出が悪かったです。

    客は多かったし若い人もいたので星は2つにしておきます。
    参考になったらクリック