台湾
台北
高雄
韓国
ソウル
釜山
中国
香港
上海
ベトナム
ハノイ
ホーチミン
タイ
バンコク
パタヤ
チェンマイ
プーケット
カンボジア
プノンペン
シェムリアップ
マレーシア
クアラルンプール
シンガポール
シンガポール
フィリピン
マニラ
アメリカ
ハワイ
オーストラリア
シドニー

都市一覧 

ゲイ旅
ハノイ

ハノイのハッテン場事情

2016年3月30日更新
ゲイ旅編集部

ハノイのハッテン場事情

ハノイのハッテン場(ゲイサウナ)には名前に「スパ」とつく店が多い。ゲイマッサージ店も「スパ」と付くので紛らわしい。名前は似ていても営業形態はまったく異なるので注意が必要だ。

入店から受付まで

入店するとまず受付がある。スタッフに入場したいと伝えると鍵を渡してくれる。入場料は日本円で300円程度(2016年2月現在)で、帰りに支払う(後払い)。外国人だとスタッフがロッカーの前まで案内してくれることもある。そこで服を脱ぎ、タオル一枚になるのが一般的。ロッカー内などにスリッパがあるので履いて店内に入ろう。

シャワーについて

シャワーは個室ではなく、大きな空間に複数のシャワーが設置されている共同タイプ。お湯は出たり出なかったりする。冬のハノイは、日本ほどではないにしても気温が低いので水シャワーに当たるとつらい。できるだけ宿で浴びてから行くようにしたい。

また、お尻の洗浄もやりにくいので、アナルプレイをしたい場合は宿で準備しておこう。

店内での過ごし方

ホーチミンのゲイサウナとは異なりマットを敷いた個室がある。通路やサウナで気に入った相手を見つけたら個室へ誘おう。なお、ロッカーキーの位置でタチ・ウケを示すルールはないので、事前にポジションの確認が必要だ。

店内で一番盛り上がるスポットはスチームサウナ。視界が良くない中、何人ものベトナム人がチャンスを伺っている。どこかで行為が始まると次々と参加者が集まり、複数プレイに発展することも多々ある。

コンドームとローションは備え付けられていないので持参すること。

盛り上がる時間帯

ハノイのハッテン場の閉店時刻は21時から21時30分と早め。最も盛り上がるのは平日は18時〜19時台、休日は午後から。